ベルタこうじ生酵素にはポリフェノールがたっぷり!?

ベルタこうじ生酵素にはポリフェノールがたっぷりと入っている!?

 

今何かと話題のポリフェノールですが、ベルタこうじ生酵素サプリにもポリフェノールが含まれている栄養素がたっぷりと入っています。

 

まずは、ポリフェノールから解説していきます。

 

ポリフェノールの主成分

ポリフェノールというのは植物特有の生体成分のことで、カテキン、ルチン、フラボノールやタンニン、ケルセチン、イソフラボン、アントシアニンなどの総称です。

 

ポリフェノールは、植物の表皮や種子などに含まれる色素成分や苦味・渋味成分で、植物自体が虫などによる外敵の攻撃とか紫外線で生じた活性酸素から、自分を守るための防御物質で、自然界に6000種類以上あると言われています。

 

ポリフェノールは活性酸素を抑える

ポリフェノールは、コレステロールの酸化抑制と、活性酸素の働きを抑える作用が主な働きとしてあげられます。

 

活性酸素は、人間の体内に入ってきた悪いものを攻撃するのですが、過剰になると正常な細胞を傷つけてしまうので、活性酸素が増えすぎると体がさびたようになり、自己免疫力がおちて風邪をひきやすくなったり、しわやしみなどの老化はもちろんのこと、生活習慣病である高血圧や糖尿病、そしてがんの原因になるのです。

 

この活性酸素を抑えて除去するための抗酸化作用の効果が高いのが、ポリフェノールです。

 

ポリフェノールが多く含まれる野菜やサプリメントを適量とることで、老化防止のアンチエイジング効果に生活習慣病やがんの予防につながります。

 

ポリフェノールは加熱しても成分がほとんど変化しない優れものです。

 

ポリフェノールを多く含むのは、レモン、りんご、ブルーベリー、ぶどうなどの果物や、緑茶、ウーロン茶、そば、大豆、赤ワイン、カカオ豆、コーヒー、チョコレートやココア、野菜では、玉ねぎ、にんじん、なす、トマト、ほうれんそう、ごま、パセリ、糠、ナッツ類などなどがあります。

 

どれも身近なスーパーで手に入るような食品ばかりでなので、それぞれを毎日の食事に積極的に取り入れるといいでしょう。

 

一日のポリフェノールの摂取量の目安は約1500mgなので、朝のおみそ汁の具に野菜をたっぷり入れる、サラダを食べる、緑茶を何杯か飲むのを続けるなど、ポリフェノールを含む野菜や果物を毎日意識して取り入れれば、ポリフェノールの効果が得られます。

 

 

トップへ戻る


page top